葬儀のプロ今村の葬儀の準備まとめ

2019年06月30日

亡くなった方に喜んでもらえるものを捧げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀の供花は様々な種類がありますが、墓前に捧げることができるかどうかで決める人もいます。それぞれの基準に従って比較し、選ぶことが、供花を適切に捧げるためのポイントとなるでしょう。一般的に供花は葬儀のときにだけ捧げる形をとることが多いです。しかし、それ以外にも仏壇に捧げる場合や、お墓に捧げるといった形で使う場合もあるといわれています。どんな形で捧げたらいいのか考えるのであれば、遺族と相談したほうがいいでしょう。

続きを読む
2019年06月27日

お礼状を添えて香典返しを贈りましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀に参列してくれた人から香典をいただいたときは、四十九日の法要が済んでから香典返しを贈るのが一般的です。香典返しを贈るときは、感謝の気持ちを込めて挨拶状やお礼状を添えるようにしましょう。香典返しに添えるお礼状を書くときは、マナーを守ることが重要です。まず、頭に入れておきたいポイントは、季節のあいさつを入れないことです。忙しい中、葬儀に参列してくれたこと、そして香典をいただいたことに対するお礼を伝えましょう。

続きを読む
2019年06月06日

関係性を重視して対応するようにしましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

親しい友人が亡くなってしまったら、悲しい気持ちになります。また、遠方になると、葬儀に参列するのが難しいかもしれません。葬儀に参列するときは、関係性を重視してから、決めるようにしてください。最近では、家族葬も急増しているので、参列することができないこともあります。なので、注意をしながら、様々な情報を入手するようにしましょう。しかし、親しい場合は、参列しなければならないので、仕事のスケジュールを確認して、事前に準備をしてください。

続きを読む
2019年06月04日

血縁関係の深い人が喪主を行う場合が多い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀の時の喪主と施主は似ているため、同じものと考える人が少なくありませんが、実際には大きな違いがあるため、前もって確認しておきましょう。そもそも喪主とは遺族の代表者としての立ち居地であり、一番故人と縁の深い人が行うことが多いといわれています。決める上では故人とのつながりで決めることが多く、一番多いのは配偶者です。配偶者に何らかの事情が会ってできない場合には長男や次男、長女や次女が行うことが多いです。

続きを読む

葬儀のプロ今村の葬儀の準備まとめ Copyright(C)www.imamuranosoginojunbi.org All Rights Reserved.