葬儀のプロ今村の葬儀の準備まとめ

2019年02月28日

会社組織が実行する社葬の主な特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オーソドックスな葬儀は必要となる費用を負担したり、管理運営のメインになる施主の責にあるのは遺族ということになります。加えて遺族の代表という形で取り仕切る喪主に関しても遺族の代表者が実施します。一方社会人になると参列する機会が多くなる社葬の場合は、こうした施主の役目を故人が属していた企業がメインとなって行うところに大きな相違点があります。その為社葬につきましては原則的に、故人がその企業の代表者やその親族、もしくは対外的に大切なポジションにあった人などの時に行うことになります。

続きを読む
2019年02月26日

女性が葬式に参列するときは髪型にも気を配ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬式に参列するときは、ふさわしい服装をするのはもちろんのこと、身だしなみを整えておくことが大切です。特に女性の場合は、服装だけではなく、持ち物やメイク、髪型など、細かな点まで気を配って参列するようにしましょう。たとえば、髪の長い女性はお辞儀や焼香の際に髪の毛が邪魔にならないように、髪をまとめておくと安心です。ロングヘアの人は、黒いヘアゴムを使って耳の下くらいの位置でまとめてから参列するようにしましょう。

続きを読む
2019年02月21日

密葬を実施する上での注意すべき点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

密葬については、注意すべき点が様々あります。遺族等の親しい関係性の人だけで実施するので、本葬へ参列していただく予定の人へと知られてしまうと、実行中に応対に追われることになります。状況が許す限りまわりへ詳しく伝わらないようにすることが求められます。また、あらためていうまでもなく、 親族など非常に近い関係性の方から密葬に対する理解を手に入れる事も重要になります。火葬迄をあらかじめ実施するため、本葬において参列する人に関しては故人と対面するチャンスがありません。

続きを読む
2019年02月07日

やっぱり大事なことなので近いのがいいですね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀を行うには開催場所である斎場の選び方がとても重要になります。その基本はできるだけ自宅の近くで済ませることです。その理由の1番目は心身の疲労を極力軽減するためにあります。葬儀というのはスタッフでもない限りは何度やっても慣れない儀式行為です。慣れない儀式行為なうえに悲しみが付きまとい、さらにやるべきことも行わなければなりません。どこの葬儀社でも会館では万が一のために親族用の控室があるし、布団なども用意されています。

続きを読む

葬儀のプロ今村の葬儀の準備まとめ Copyright(C)www.imamuranosoginojunbi.org All Rights Reserved.